山形屋歯科 坂上医院
山形屋歯科 坂上医院 099(225)3789

マスコミ掲載情報


◆ マスコミ取材 『週刊現代(講談社 11月5日号)』表紙

女性セブン

 

◆ 週刊現代(11月5日号)掲載

週刊現代特別企画「こんな歯医者、こんな治療に気をつけろ!」にて

当院院長が取材を受けました。

女性セブン

◆ その中身の一部を抜粋して紹介します

『入れ歯・ブリッジ』に関する取材

 

・・前略・・

 

虫歯や歯周病で歯を失った時の治療法として挙げられるのが「ブリツジ」だ。
ブリツジとは、欠損した歯を埋めるため、連結した義歯を上から嵌める治療法である。
保険適用内なら奥歯であれば1万円以下と負担は少ない。


が、ここにも「落とし穴」が潜んでいる。
ウエストデンタルクリニツクの大神京子院長は こう指摘する。
「ブリッジを被せるためには、失った歯の隣の歯を大きく削る必要があります。本来なら削らなく
てもいい歯を削ることになるので、当然歯の寿命は縮まります。将来的には抜かなければならない
可能性も出てくる」


かえって歯の寿命が縮まってはたまらない。山形屋歯科坂上医院の坂上俊保院長が続ける。
「保険適用内で最大限、治療を行うようにしていますが、それだけでは限界もあります。保険適用
の金銀パラジウム合金(銀歯)で製作したブリツジは、歯とブリツジの境目の適合性があまりよく
ない。そのため隙間から菌が入り虫歯や歯周病になることも多々ある。


個人的には、自由診療になるので費用はかかりますが、セラミツク製のブリッジを作ったほうが
長い日で見ればいいと思います。自分に合ったブリッジを作れば、20年、30年と使い続けることが
できるので、後々悪化するより、経済的にも精神的にも負担が少なくて済むと思います。」

セラミツク製のブリッジの場合、 一歯あたりおよそ8万円~15万円の費用がかかる。


健康な歯を削るブリツジではなく、「部分入れ歯」にするという選択肢もある。部分入れ歯の場
合、型取りをすれば数日で受け取ることができるので、通院日数も少なくて済む。

 

しかし、前出の坂上氏によれば
「入れ歯が合っていないため痛い、(入れ歯が)動くので上手く噛めないといつた悩みを抱える患者も多い」という。
「保険適用の入れ歯は、材料も術式も決められています。そのため患者さんが納得できる入れ歯を作ることは なかなか難しい。かといって自費となると患者さんの負担になりますから、そこはよく患者さんと相談して、ご 自身で決断してもらうようにしています。


あとはやはり掃除の問題ですね。保険内の部分入れ歯は残っている健康な歯にバネを引っ掛けて
固定しますが、そのバネの内側と歯の両方を、毎日綺麗に掃除しなければなりません。
そうしないと入れ歯を装着した際に歯カスが付いてしまいそこに虫歯が発生する。
しかも、バネがかかっている歯は引っ張られるため、グラつき、結局は元々健康だった歯を抜か
なくてはならなくなってしまう悪循環に陥る場合もあります。」

 

さらに虫歯だけでなく、噛み合わせの問題もでてくる。
60歳を過ぎてからも、噛み合わせが悪いまま放っておくと「認知症」が進行する危険性もある。
自分に合った入れ歯を作ることがいかに重要かわかるだろう。

 

・・・後略・・・・

 

 

診療時間のご案内

 当歯科医院では、患者さんの待ち時間を最小限にするために、原則として予約制を採用しております。

診療時間
10:00~13:00 ×
14:30~18:30 × ×

 歯科医院での治療を御希望の患者さんは下記電話番号にて、当院に御連絡下さい。
 当院スタッフが予約の空いている時間帯を丁寧にご案内致します。

山形屋歯科坂上医院専用 099-225-3789 山形屋内線 099-227-6086

鹿児島市金生町3番1号 山形屋デパート内
山形屋歯科坂上医院

COPYRIGHT(C) 山形屋歯科 坂上医院 ALL RIGHTS RESERVED.